拳銃奪った警官にも発砲か 富山県警が遺体の状況明かす(朝日新聞デジタル)

富山市の交番で警察官が刺されて拳銃を奪われ、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で、逮捕された富山県立山町、元自衛官でアルバイト店員の島津慧大(けいた)容疑者(21)が、交番で警察官を刺した後、奪った拳銃で警察官に発砲していたことがわかった。県警が明らかにした。

 県警によると、島津容疑者は26日午後2時ごろ、富山市久方町の富山中央署奥田交番で、交番所長の稲泉健一警部補(46)を刃物で数十回刺し、警部補の拳銃を奪って逃走したとみられている。解剖の結果、稲泉警部補の遺体からは、刺された傷の他、左の手のひらに拳銃で撃たれた痕が確認されたという。

 島津容疑者はその後、近くの富山市立奥田小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲。駆けつけた警察官に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。中村さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。