【青森】「第11晶恵丸」座礁事故、8時間半後ヘリで救助

https://jp.reuters.com/article/idJP2018070501001618?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5b3e848104d3014e801d5800&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

国内社会ニュース(共同通信
2018年7月5日 / 12:00 / 11時間前更新
座礁事故、8時間半後ヘリで救助
 青森県・尻屋崎沖で貨物船「第11晶恵丸」が座礁した事故で、八戸海上保安部は5日、荒天のためボートでの救助が難しく、ヘリコプターに切り替え、4日深夜の発生から約8時間半後につり上げて救助したと明らかにした。乗組員5人を救助する様子を撮影した写真や動画を報道各社に公開した。

 八戸海保によると、5人は徳島、愛媛、長崎、鹿児島の各県に住む33~76歳の男性。ヘリで函館空港に運ばれ、いずれもけがはなかった。5人から事情を聴き、座礁した状況を詳しく調べる。

 第11晶恵丸は4日午後11時50分ごろ、「尻屋崎沖で座礁した」と通報。船首部などに浸水し、船体が傾いた。

共同通信